浴室(お風呂)のカビの除去方法

浴室の汚れで、厄介なものは
・カビ
・石鹸カス
・水垢
が、有りますが、
カビは健康的にも害があり、不快なものです。

カビは、初期ですとカビ取り剤を少し噴霧しておくだけで、簡単に取れます。
でも、放置しているとなかなか厄介になります。

換気が悪いとカビが発生しやすい

カビは、浴室の使用状況にもよりますが、
湿気が多く、換気が不十分なお風呂に発生する確率が高くなります。
風呂のカビ

公団や古い団地などのお風呂は、小さい窓があるだけで換気扇の無い場合が多くあります。
そのような場合、タイルの目地だけでなく天井にも多く発生することがあります。

カビ取りをする前にすること

浴室の狭い空間で塩素系のカビ取り剤を使用すると、
・目が痛くなり
・のども痛く 
なります。

カビ取りをする際は、
・窓があれば窓を開け
・換気扇を回し
・可能な限り浴室の換気
をしてください。

更に
目を保護するゴーグルやマスクをすることをお勧めします。
ゴーグルはできれば密閉式が望ましいです。
マスクは、有機ガス用の防毒マスクがベストです。

一般家庭では、なかなかそこまで用意できないでしょうが、
簡単な物でも少しは役に立つと思います。

カビの除去方法

タイル目地やパッキン類のカビ

発生からさほど期間の経過していないカビは、カビ取り剤を噴霧しておくだけで十分に取れます。
ただ、パッキン類に深く入り込んだカビは少々厄介です。
噴霧したカビ取り剤の泡は、しばらくすると下に流れてしまいます。
カビ取り剤が流れてしまったら、再度噴霧します。
これを何度も繰り返します。
すると、黒かったカビの部分が灰色になり、うまくいけばほぼ完全に黒い色は除去できます。
風呂の蓋のカビ
          画像の説明
風呂蓋のカビの除去
          画像の説明
風呂蓋のカビの除去

この何度もカビ取り剤を噴霧することがなかなかできないのです。
一般のご家庭の場合、1度噴霧しただけでカビが取れると思われるのか、カビが取れないとあきらめてしまいがちです。
パッキンなどに発生したカビは、1回の塗布だけでは落ちません。

けれども、何度もカビ取り剤を噴霧すると、目が非常に痛くなります。
そして喉も痛くなります。

いい加減な業者のカビ取り

多くのハウスクリーニング業者は、ゴーグルやマスクをしません。
するとしても簡単に済ましてしまうのが多いのが実情です。
つまり、あんまり何度もカビ取り剤を噴霧すると、目やのどが痛くなって作業できなくなり、適当なところでやめてしまいます。
そして「落ちませんでした・・・」と、言い訳をします。

ある現場で、私が何度も何度もカビ取り剤を噴霧した結果、落ちにくいカビが取れたのを見て
「へえー落ちるんですね!」とある業者の方が言っていました。
そうなんです。結構みんな適当なところで止めてしまうんです。

**パッキンのカビはしつこい

深く入り込んだカビは、除去できない場合が多くあります。
シャワーホース、板状の風呂の蓋の周りのパッキン、ドア周りのパッキンなどパッキン類に入り込んだカビは、かなりしつこいです。

推測ですが、タイル壁の目地や艶のないボード系の天井のカビが取れやすいのは、
目地やボードが吸水しやすいからだと思っています。
吸水するということは、カビ取り剤が中に入りやすいということです。
それで結構簡易にカビは取れるのです。

それに対して、ゴムパッキンなどは基本的に吸水しません。
カビは時間をかけて菌糸の根を中に伸ばしていきますが、給水しにくいゴムやシリコンなどは吸水しないので、カビ取り剤が中に入っていかないのです

それで、除去はかなり難しくなります。
風呂ホースカビ取り
(画像は、浴室シャワーホースの湿布でのカビ取り)


当店では、カビ取り剤が使える時間帯(酸性の洗剤を使わない時)にずーっとカビ取り剤を噴霧し続けます。
最大で2時間、噴霧し続けます。

時には、キッチンペーパーを張り付けて、噴霧して湿布もします。
それでも、色は薄くなっても完全には除去できないことも多々あります。
6時間とか12時間とか湿布を続け、カビ取り剤を補充してあげれば、取れるかもしれません。

ジェルタイプのカビ取り剤の使用

カビ取り剤と言えば、普通液状で噴霧すると泡状になって出てくるのが一般的です。
カビ取り剤には、ジェル状の物もあります。
ピンポイントで、施工でき、臭いも少なく目やのどが痛くなる程度も低いものです。
インターネットで検索すると「カビ取り剤 ジェル」などと検索すると、多くの商品が検索できます。

価格は、少々高いですが、一般家庭での使用にはなかなか有効だと思います。
浴室清掃でお伺いしたあるご家庭の奥様は、このジェル式のカビ取り剤を使って、床の立ち上がり部分のカビを綺麗に除去されていました。
かなり手間がかかったとおっしゃっていましたが・・・。

天井やタイル壁一面に発生したカビの除去方法

公営住宅や古い1戸建てなどの天井に大量に発生したカビの除去も結構厄介です。
また、タイル壁の目地に発生したカビも範囲が広いので、けっこう手間がかかります。

&show(): File not found: "RIMG0202.JPG" at page "風呂(浴室)のカビの取り方";

天井やタイル壁に発生したカビの除去は、全面塗布を行います。
棒の先に平らなスポンジなどが付いた道具を使用すると便利です。
当店では、ガラス清掃の際に使用する「シャンパー」と言われるT字型になった物を使っています。
この道具を使って、壁や天井に一面カビ取り剤を塗布します。
カビの酷い所は、その部分のみ何度も塗布します。

天井や壁のカビは、酷い所を除いて1回塗布するだけでかなり除去できます。

カビ取り剤の垂れに注意

何も塗っていない所にカビ取り剤が垂れると、そこだけ白くなることがあります。
垂れ跡が発生すると、その垂れ跡を消すのにけっこう手間がかかり、時には完全に消せないこともあります。

&show(): File not found: "RIMG0207.JPG" at page "風呂(浴室)のカビの取り方";

清掃する際の原則なのですが、
「薬剤の塗布は下から」というのがあります。

カビ取り剤の塗布の場合も、下から順番に塗布する必要があります。
壁だけでなく浴槽にも全面塗布した方が無難です。

浴室の汚れには、いろいろな物がありますが、
浴室の換気扇をよく回す家庭では、お風呂の壁や天井が結構汚れていることがあります。
パッと見では分かりにくいのですが、なんとなくくすんでいる場合は、洗剤垂れ跡に注意する必要があります。
喫煙家の家ではタバコのヤニで壁や天井が黄色くなっていることも珍しくありません。
また、台所が近い場合、キッチンの煙によって油っぽい汚れが付くこともあります。

このような浴室の場合、カビ取り剤による垂れ汚れは発生するとかなり大変なことになりますので、十分に注意が必要です。

&show(): File not found: "RIMG0202.JPG" at page "風呂(浴室)のカビの取り方";

浴室のカビ取りは、なかなか大変ですがよばいいかと思います。

お客様をカビ取り剤(塩素系)の被害から守る

お客様は、薬剤に対して平気な方や極度に反応される方など様々です。
当店が使用する薬剤(次亜塩素ソーダ)によって、お客様に不快感を与えてはいけないというのが、当店のモットーです。

私も出来れば、塩素系のカビ取り剤は使いたくないです。
使用しているアルカリ系のエコ洗剤は、殺菌力もあるのでカビ菌を殺している可能性は大いにあります。
でも、色は変わりません。
色が変わってもいないのに、「殺菌力のある洗剤を使ったので、カビを撃退しました」と言っても誰も信じないでしょう。
私も自信ないです。
だから、結局塩素系のカビ取り剤を使わざるを得ないのです。

カビ取り剤を使うとすぐに目が痛くなります。
風呂の蓋のカビ取りで、カビ取り剤を噴霧して作業するだけで、結構痛くなります。
そして、喉もすごく痛くなります。

ゴーグルとマスクの使用

喉を守るためにマスク使用していますが、いくつか経て現在は「有機ガス」用のマスクを使用しています。
ま、いわば「防毒マスク」ですね。

ゴーグルでは、一番苦労しました。
2000円以上するゴーグルを複数買い換えました。
ゴーグルをかけていてもカビ取り剤の使用量が多いと次第に目が痛くなります。
そこで、曇り止め用の通気口をガムテープなどで塞ぐといくらかはましになります。
でも、最後には目が痛くなります。

ゴーグルは、競泳用の水中眼鏡の様な「完全密閉型」を使用しています。
この完全密閉型に変えてから、目の痛みから解放されました。

防毒マスク

ご家庭の中には、臭いや薬剤に敏感に反応する人が含まれていることがあります。
また、赤ちゃんや小さな子供、ペットなどもいる場合もあ有ります。
赤ちゃんやペットは、塩素系で目などが痛くなっても泣くことでしかそれを訴えられません。

塩素の害からお客様を守る

在宅で塩素系などの有害薬品を使用する場合は、その物質・臭いを浴室以外に拡散させてはならないを基本心情にしています。
そのために下記の対策を取っています。
・換気扇を回す
・窓を開ける
・浴室のドアを閉める
・洗面所のドアを閉める
・洗浄後の濯ぎをしつこく徹底する

古い公団やアパートなどで、浴室の換気扇が付いておらず、小さな窓しかない場合場合は
・台所の換気扇を回す
・窓や玄関を開ける
などのご協力を頂いております。

浴室のカビが気になりましたら、できるだけ早めに除去をお勧めいたします。
ご自身でなかなかできない場合は、ハウスクリーニングなどにご依頼を願います。