画像の説明

画像の説明

お風呂の汚れとハウスクリーニング

お風呂(浴室)に発生する汚れは次のような種類ですね。
お風呂の汚れは、大きく分けて

  • 体からの皮脂とお湯や水に含まれるカルシウムイオンが石鹸と結合した石鹸カス
  • 石鹸カスに老廃物やホコリなどが結合した湯アカ
  • カビ(ヌメリやピンクのセラチア菌を含む)
  • カルシウムのクレーター(カルシウムが石化した物)

風呂掃除と洗剤の使い方

風呂掃除には、アルカリ系の洗剤、酸性の洗剤、カビキラーなどの漂白剤が必要です。
それぞれ、科学的性質の違う洗剤を使わなければなりません。
特に、カビキラーなどの塩素系と酸性洗剤を混ぜると有毒ガスが発生するので危険ですので注意が必要です。

日常的には、アルカリ系の洗剤で十分です。
でも、石鹸カスや湯垢、カルシウムのクレーター及び鏡の鱗状の汚れなどは、酸性の洗剤が有効です。

漂白剤を含めて気を使う3種類の洗剤を毎日使うのは大変です。
時には、危険を伴います。

ですから、普段のお掃除や大掃除の時に最初に使うのはアルカリ洗剤です。
アルカリ洗剤をスポンジなど使って塗布し擦っていきます。
洗浄後水を流して濯ぎます。
これで、軽度の汚れは大体落ちるはずです。

酸性洗剤での風呂掃除の仕方

残ってしまった石鹸カスや湯垢、カルシウムのクレーター及び鏡の鱗状の汚れなどは、酸性洗剤で落としていきます。

軽度ですとお酢の原液でもいいと思います。
安全な酸性洗剤では、クエン酸もお薦めですね。
トイレ掃除で使うサンポールでもいいですよ。
酸性の洗剤は、金属を酸化させますので、塗布→擦り→濯ぎを繰り返すことをお薦めします。

アルカリ洗剤⇒酸性洗剤の洗浄でお風呂の汚れはほとんど取れたはずです。
カビもほとんど取れるはずです。
タイルの目地やドアのパッキン等にカビの黒ずみガ残っていたら、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使います。
塩素系漂白剤を使用するときは、十分に濯いで酸性洗剤を流してから使ってくださいね。

塩素臭が嫌な方は、酸素系漂白剤でも効果がありますが、塩素系漂白剤の漂白力には劣ります。(「花王のワイドハイター」「ライオンのカラーブライト」など)
酸素系漂白剤は、過炭酸ナトリウムですが、アルカリ性洗剤と混ぜて使うこともできます。アルカリ洗剤と助剤として混合すると、洗浄力が向上します。

風呂のカビの除去の仕方

タイルの目地に黒カビが生えてしまった場合は、粉石けんと酸素系漂白剤を混ぜて少量のお湯でペースト状に溶いたものをカビの部分に塗り付け、1~2時間後に古歯ブラシなどで優しくこすって落とします。
酸素系漂白剤とお湯だけではさらさらしていますが、粉石けんを少量混ぜることによってペースト状になり、壁面にもくっつけやすくなります。

また、浴槽やシャンプー置き棚などにもらいサビが付着することがあります。
もらいサビには、還元性漂白剤(ハイドロハイター)を湿布して、10分ほどしてからホーミングなどを加えて擦ります。そして濯ぎましょう。

お風呂の掃除は、ハウスクリーニングの中でも汗だくになる作業です。
天井やタイルの目地などがカビだらけになって手が付けれない状態でしたら、プロに方が頼んだ方がいいかもしれませんね。

ハウスクリーニング大阪「みがき屋Q3」の風呂掃除は、バスタブ下の洗浄や鏡の鱗状の汚れ(カルシウム)も標準仕様に入っていますので、お得です。

ご連絡・問合せは、
コチラをクリック⇒問合せ見積書の各フォームからお願い致します。
お急ぎの方は、TEL:06-6743-7687(不在時は携帯へ転送)までお願い致します。