ハウスクリーニング大阪の無害・無毒のエコ洗剤SAFE CARE

エコハウスクリーニング大阪「みがき屋Q3」で、主洗剤として使用しておるのが、SAFE CAREのエコ洗剤です。
SAFE CAREの洗剤以外には、重曹・クエン酸なども混合や併用して使用しています。

SAFE CARE(セーフケア)は、石鹸や合成洗剤の代替洗浄剤

ハウスクリーニング大阪のエコ洗剤

合成洗剤を使用して、肌荒れを起こしたり、健康被害が心配で石けんに切り替えたりしている方も多いと思います。
また、石けんは肌荒れ等の問題は少ないのですが、石鹸カスを生じさせ浴室の頑固な汚れになったり、配水管に付着して排水を悪くするなどの問題もあります。
アレルギーが心配な方、小さいお子さんやかわいいペットのいるご家庭では、ハウスクリーニング大阪のエコハウスクリーニングをお試し下さい。

[check]「地球を安全にきれいにします」が使命です。
[check]人体・環境を害することなく、速やかに徹底的に微生物分解され、かつ微生物の働きを助けます。
[check]石鹸や合成洗剤の従来品が原因となる問題の防止、従来品が対策が効かない問題解決。
[check]アレルゲンの中和や臭気中和など快適環境を提供

SAFE CAREの洗浄剤は、石けんでもなく合成洗剤でもない異なったメカニズムによる洗浄方式の洗剤なのです。
コロイド粒子化したSAFE CAREの成分がブラウン運動を起こし、繊維などに付着した汚れに対して衝突・潜り込み・分断して汚れを剥離していきます。
川や海に流されたSAFE CAREの洗浄剤は、微生物の餌となり、生分解性は99%以上を誇ります。

SAFE CAREは従来品が含む人体と環境を害する毒性物質を含有しません

[check]米国農務省(USDOA)が一番安全度の高い洗剤(1-Aクラス)認定。
[check]下記の毒性物質を一切含みません。
苛性剤類、リン酸塩類、硫酸塩類、スルフォン酸塩類、珪酸塩類、グリコール類、テルペン類、   石油系界面活性剤・溶剤等の石油系物質類、蛍光剤類、漂白剤等の塩素系類、柔軟剤類、増粘剤類、防腐剤類、着色料類、香料類など
[check]従来の石鹸や合成洗剤、石油系溶剤ではありません。
オート麦・トウモロコシ・りんご・大豆・菜種等が原料
(たとえ、原料が椰子油であっても、製造方法や洗浄方式によっては、合成洗剤となります)
食品洗浄、農業部門での利用も可能です。
実際にSAFE CAREのSC1000は、野菜洗浄や肉の洗浄などにも利用されています。

ハウス:水周りなどの洗浄とアレルゲンの中和、カビ類の除去と発生抑制

[check]食器洗いから、トイレ、浴室、金属類、換気扇などあらゆる有機的な汚れを落とします。
[check]アレルギーの原因となるアレルゲンを中和いたします.
[check]壁等のカビを除去すると共に洗浄液をコーティングする事によって、6~12ヶ月カビの発生を抑制します。
[check]酸化防止効果があり、大切なキッチン、浴室、家具、室内設備などを傷めず、長持ちさせます。
[check]防臭効果がありゴミ箱、トイレ等のいやな臭いを防止します。
[check]排水管に詰まった石鹸カスなどを落としたり、ヌメリ発生防止効果があります。


※SAFE CAREの洗浄剤も用途別に多種類ありますが、その基本になっているコンセプトを記載してあります。
※SAFE CAREの基本商品SC1000を元に特性の強化や個別製品化されています。
※基本コンセプトを基準にしながら、成分構成は違います。キッチン専用のマジックパンには、コンセプトに反しない増粘剤が含まれています。